6月のレポート、タンデム&スクール

今月からタンデム体験フライトのご予約を頂いていましたが、ぐずつきがちな天候とお客様の日程が合わず、残念ながら多くをキャンセルさせて頂きました。
楽しみにして頂いていましたが、すいませんでした。近いうちにまた再チャレンジして下さい。

そんな中、ようやくできた今シーズン初のタンデムフライト体験は、BENさんファミリー!
ルスツらしい南風の中、自由に飛ぶことができ、十分に楽しんで頂けたようです!

まだ、コロナ禍の影響が大きく残る中、ルスツ周辺に住む外国人はステイホームによりすることがなく、今こそパラグライダーにチャレンジしたい方も多いそうですが、スクールとタンデムを一人オペレーションの現状、英語で十分にレクチャーする自信もなく、「今すぐカモン!」とは言えませんでした。そのような外国人をぜひ受け入れたいのですが…

また、Youtuberの方にもタンデムフライト体験に来て頂きました!
Youtuberの方は2回目ですが、前回は、実はメジャーの方でしたが、今回もチャンネル登録者数が多く、人気ある方でした。二人とも自身の実力を語ることをしないため、駆け出しのビギナーくらいかなと思いましたが、とんでもありませんでした。

今回顔出しを避けるためもありマスクを着用されていますが、通常、お客様のタンデムフライト体験中は、余裕のある呼吸を確保するためマスクは着用せずにフライトして頂きます。(基本パイロットだけマスク着用です)

今シーズン、現在4名の方がライセンスコースを受講して頂いています。
皆さん熱心に練習に取り組み、ほぼ全日組の2名がA級を合格しました。
いよいよ高高度フライト練習です。

A級取得ですが、既にリバースライズアップの特訓をしており、初高高度フライトからリバースライズアップによるテイクオフ!さらに、何と今回は日本代表監督のサポートです!

 

ツリーラン講習を行いました。自分が携行するレスキューセットを確認し、ロープで木に固定したシミュレーターに脚立を使いハーネスを付けてぶら下がり、ツリーラン状態になります。

まずは自己確保、無線による状況報告、その後、自分の知識でエイト環使用による降下まで試みますが…

カラビナを取り付ける位置や順番を考慮しないと、いざ降下を始める際に取り外せなくなったり、そもそもエイト環の使い方が分からなかったりと実践では知識が十分ではありませんでした。

近日、機会を見て第二回を実施しますので、是非ご参加下さい。
レスキューセットの使い方と手順を理解できると、自信がついてフライトも楽しくなりますよ!
エイト環も可愛らしく見えてきます??

 

もうすぐ7月、短い夏が始まります。ぜひルスツに飛びに来てください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください